冨樫とエミネムを応援する日記

ほぼHUNTERXHUNTERの感想

昨日は学部の事務所にゼミのレポートを出しに行きました。起床が遅かったため、締め切りの17時に間に合うか微妙だったんですが、案の定3分ちょい遅れてしましました。すると「受付終了」と鉄のカーテンが敷かれていて ( ´_ゝ`)  困ったなぁ、と思ってたら事務所のドアが開いて人が出てきました。そんで、どうも聴いたことがある名前を連呼しているんです。すると、陰からゼミの友人が現れてなにやら会話して去っていきました。なにやらレポートの受け渡しをしていたみたいです。すかさず僕も、これはチャンスとおねーさんにレポートを渡そうとしたら、一言「むりです」 …おいおい、さっき同じゼミの友人は出してたじゃないか アホか しかし、頑なに断られてしまいました (・ω・` )  結局、教授の研究室まで行って表の袋につっこんどきましたが…先生、ごめんなさい。どうか受け取ってて下さい。まぁ明後日会いますけど。

 夕方からは、恒例の勉強会に行きました。内容は、当初の予定だった「音楽業界の行方1 輸入権」「養老孟司」「大塚史観を批判的に継承したサブカルチャー文学論」「ファンタジー小説」「何か哲学のお話」が全てぽしゃって、「甲野善紀の身体論」でした。不思議。その後は、軽く飲んでQMA2を見て…ちなみにQMA2は優勝でした。今のところ参加2回優勝2回 神 …友人宅でだらだらサンマをしました。二回目の半チャンで、僕は国士無双をテンパイしたのですが、白をがめられてて苦杯を嘗めました。ところが、その後に神降臨。

「パパがんばっちゃうぞ」「パパ弟が欲しい〜」


「ロン、満貫(親)」


「パパもっとがんばっちゃうぞ〜」「妹が欲しい〜」


「ツモ、国士無双(親)」


な感じで6万点オーバーの状態から国士をツモッて2人とばしました。サンマですからね。AIRの力でしょうか。いや、オツカレサマでした。でもそんな剛運も、昼頃帰りのバスが違法駐車のおかげで15分弱立ち往生してたのを考えると、消えたっぽいでつ(゜ω゜` )