冨樫とエミネムを応援する日記

ほぼHUNTERXHUNTERの感想

花とアリス 岩井俊二 2003 91点

おもしろい。感性…センス…抜群。岩井俊二の作品は、透明な独特の空気に加えエンターテイメント性があるから、大したものである。透明な感覚というのは、例えば、昨日帯びに釣られて読んだ、三崎亜記「となり町戦争」からも感じて(これのは岩井以上に純粋。ユリイカ級)、僕の評価基準に強く働きかけるものなのだけど、やはり空気だけだと、場合によっては飽きてしまう。エンターテイメント性も少しは欲しぃ。その点この作品は非常にバランスがとれていて、素晴らしい。アリスのオーディション、記憶喪失の設定、豪華なサブキャスト等、手が込んでいる。みんな是非観ましょう。


※キャスト面で少し感想を書くと


鈴木杏→(顔ではなく)可愛い。雰囲気が良い。
蒼井優→好きな顔ではないが、良い。最後のバレエのシーン、巷程評価できないんですけど、映画を盛り上げてくれた。 
郭智博→変なキャラ役お疲れ様でした。
大沢たかお→good
・最後の金髪少女(右)→名前知りたい。可愛すぎる。最高。
・ある人→僕と小中高12年間一緒だった人。岩井俊二のサインくれ。