冨樫とエミネムを応援する日記

ほぼHUNTERXHUNTERの感想

 四月物語 岩井俊二監督 1998

四月です。四月。授業はじまったのにまだ誰にも話しかけていない僕。去年はもちっと頑張ったのに、どうもやる気でない。でも、なんか、こういう映画を観ると少しはやる気もでてくる、と同時に脱力もする。矛盾、よくわからん。あぁ。松たか子はそんなに好きではないが、この役割は似合っている。ぐっどきゃすと。時間が短いのもいい。さわやかに終わる。いい。「生きていた信長」もすこし笑える。江口洋介なにやってんだか。84点。