冨樫とエミネムを応援する日記

ほぼHUNTERXHUNTERの感想

早稲田大学オープン教育センター リサーチフロンティア講座>

・映画のすべて マスターズ・オブ・シネマ
ゲスト講師 7月 2日 行定勲

寝過ごした… orz

東京藝術大学大学院美術研究科 先端芸術表現専攻 特別講義>

・対談 菊地成孔×伊藤俊治
「21世紀のエキゾティシズム/エロティシズム」
〜決して行かないこと/決して触れないこと。〜

ということで、代わりにこれにはキチンと参加。。久々の上野。成ちゃん。明日ピットインだし情熱大陸だし。15分前くらいに行ったのにすげー列でびびった。会場人大杉!暑い!またも通路座り。むー。田口さん、あと二℃は下げて欲しかった。マジ会場暑かた。


ただ、話はかなりおもしろい。よくもまぁ…と。菊地成孔、変態だな。というか大学院の設置だけあってレベル高い。言語の質疑にもヴィトゲンシュタインソシュールフロイトラカン、ぺらぺらぺらぺらでてくるし。本職音楽(漫談?)なのに、基礎教養とかやっぱ凄いんだなぁ…  エロ、微妙なずれ 萌え、自己規制しすぎ なーるほどね、と。ただ、一番興味を持ったのは 最後に言ってた「音楽、ノージャンルなんてこたぁない ジャンルはげんぜんとして存在してるんだから JAZZなら(自分の思う)JAZZとして、むしろ規定してやっていくぜ」みたいの。 まぁそれもありなのか。もすこし詳しく聞きたいなぁ。