冨樫とエミネムを応援する日記

ほぼHUNTERXHUNTERの感想

muくんの日記読んでたら、いつぞやのゼミの光景を思い出した。なんか、いわゆる「後進国」に対して「先進国」が援助・支援する/しない といったテーマだったんだけど、その時「人権」という言葉に関して、ひと揉めあったんですよ。

『「人道的介入」に代表されるように「人権」という言葉は、いいように使われるし、文化を盾に搾取が行われたことは多々ある。単純に、支援・援助おkとは思えない。「押し売り」になってしまうこともあるだろうし…』

と言った人に対して

『「人権」というのは重い言葉。それこそ無数の血が流れた上で、獲得された、人類の宝。歴史がある。「押し売り」とは違う次元にある。』

的なことを、熱く語った人がいた。後で話したら、多少のすれ違いは承知の上で「蓄積された知」というものを強調したかったらしい。

まぁ何が言いたいのかというと、歴史ってやっぱ重要ですよね、と。ワンピースのノーランドもそう言っている。ってか科学とか医学では「蓄積」に対して謙虚だよね。当たり前だけど。


追記:知らぬが仏があざけりの意味合いで使われることも、なんかあるのかも。