冨樫とエミネムを応援する日記

ほぼHUNTERXHUNTERの感想

自分で書くのが面倒だから読んで欲しいランキング

  • 9/30 超追記

今枝弁護士の話ーその7 弁護団は被害者・遺族の気持ちを考えていないというコメントに対してごめん これ読んでくれるだけでいいです。

ゼロ(必読) 光市最高裁判決と弁護人バッシング報道  安田好弘

検察官は、僕をなめないでいただきたい!by弁護士・未熟な人間・今枝仁・・・光市事件と刑事弁護

今枝仁弁護士のコメントの転載(さらに追加あり)by元検弁護士のつぶやき

So-net blog:綿井健陽のチクチクpress
おまけ 事件:光市母子殺人事件の「なめないでいただきたい」発言についてby愛・蔵太の少し調べて書く日記 id:lovelovedog先生


 あー 光市の事を書くことは何回もやってるのでいい加減嫌なんですが、知ろうともせず脊髄反射で攻撃する人達が一向に減らないのと、真剣にやってるのにクソ扱いされている弁護士たちがあまりに不憫なので、再度書こうと思います…

といいましたが、わざわざ書こうと思った真の理由は、菊地成孔のライヴなんです。昨夜、南博とのデュオを最前列で聴いてきて、演奏は実に素晴らしく感動もので、演奏と同じくらいの長さじゃないかと思われる菊地さんの快調なトークも冴えてて面白かった 

の ですが 

 アンコール曲の直前(確か。エレジー3は心地よく聴けたので。)にでてきちゃったんですよ。光市の話題が。そこでいつものごとく、ちゃかす感じで「死刑廃止論の方々の家族を誰かが殺していって、そいつが俺を弁護してくれって言ったら、どうなるんですかね(笑)」とか「なめないでいただきたいって言ったらしいですよ(笑)」と。

 勿論、毎度の如く(笑)という保留があって、半分も本気で言ってるわけではないのですが(僕はこういう菊地さんの感じが好きなので) 事件をそれなりに追っていた僕は へこみました。

 さすがにひどい と。超逆風の中、真剣にやっている弁護団がバカにされた感じがしたのと、あの状況ならば、検察に対しての被告の発言は、妥当と考えてよい、むしろ文脈を伝えないメディアに問題があると思うのに。。菊地先生ですら、この認識か、と。

 ちなみに会場ではけっこう受けていたので、それもまた僕に拍車をかけました。もうね。何から説明しなきゃいけないのかと。上のリンク読んだ人はここから読まなくてもいいけど、

                                                                                                          • -

1なめないで発言は 検察に対してのもの
2背景には今まで散々ストーリーをつくってきた事もある。

                                                                                                          • -

ってか、ここで、一つ質問 あんだけ それでも僕はやっていない とか 鈴木宗男事件 がスポットを浴びたのに

「警察・検察がストーリーをつくることがある」

という視点が皆さんには未だに未知なるものなのでしょうか。たたき割という語もあるくらいなんですが…。…長くなるから話を戻して、死刑廃止論者の家族うんぬんに行くと、もう二重三重に間違っている。

一 家族を殺されたら、まず弁護することはないでしょう。弁護人も選ぶので。
※面倒な件だと誰もやりたがる人がいないので、やる気のない国選弁護人がついて、本件のようにこじれたりします。

二 家族が人質に取られたら、大抵の人はそのほとんどの主張を変えると思います。
※そんな事例、それこそ星の数なんじゃ。

三 一般的には、物理的な暴力行為を背景に誘導することを、脅迫、または拷問というんじゃないかしら

諸々。そもそも死刑廃止について、1分以上考えたことある人が少ないんだろうなぁ この国は。10秒しか考えていないから「家族を殺された人に、偉そうに説教する死刑廃止論者は、偽善なんだ。」と言ったりする。おいおい。そもそも誰が死刑執行してるんだと。国家ならば冤罪の可能性があっても、人を合法的に殺してもいいのん?。そのくらい原点に戻って考えておくれや。わかった。まずはwikiを読んでくれ。

あとついでに人権派弁護士と揶揄して言う方々に質問なのですが
弁護士法第一章

(弁護士の使命)
第一条 弁護士は、基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命とする。

これについて どう考えてるんですか?お考えをお聞かせ下さい。


もっと色々書こうかと思ったけど疲れたー 永井と誰も読まないしな。最後に、光市の主任弁護士の安田さんが書いた二文引用して終わります。

 司法なんていうのは国家の暴力装置以外の何ものでもないんだからあんなものはなくてもいいんだと言っていた私が、いやあ、司法は大切だ(笑)、というようなことを言い出しました。

佐藤優さんに、お前みたいな教条主義、あるいは法治主義みたいな奴はいないと言われたんですけど、まさにそうなってしまいました。

反省 私たちはなぜ失敗したのか?

反省 私たちはなぜ失敗したのか?

誰でも二時間で読める
特捜検察の闇 (文春文庫)

特捜検察の闇 (文春文庫)

記念
反転―闇社会の守護神と呼ばれて

反転―闇社会の守護神と呼ばれて

ぱぴぽ
「生きる」という権利―麻原彰晃主任弁護人の手記

「生きる」という権利―麻原彰晃主任弁護人の手記

三度目