冨樫とエミネムを応援する日記

ほぼHUNTERXHUNTERの感想

 ついでにニコニコネタ

ニワンゴの権利侵害対応プログラムってのがあって、これを使うと権利者側が好きなときに
 削除できるらしいよ」
「削除するのがこっち側(権利者)ってのが面白いね(笑)」
「てめえらのサイトで違法にうpされまくってる物なのに(笑)」
「”知的財産権の保護に取り組んでいます”って、取り組んだ結果が”ツールやるから自由に削除しろ”
 なの?こういうニワンゴの対応ね、もうね・・・バカかと(笑)」
「それでいて、この前うちの会社に”広告出しませんか?”って来たんだけど、
 どのツラ下げて来たんだ、と。 盗人猛々しいとはこの事か、と。」

ちょうど三日くらい前が
■ニコニコ動画が明らかにしたダウンロード違法化・著作権侵害非親告罪化の問題点

しかし、著作権侵害であるかどうかを著作権者でない第3者が判断できるのだろうか。
今回ニコニコ動画は、適法にアップロードされた動画を「権利侵害動画」であると判断して削除を行った。
ニコニコ動画は適法・違法の判断を間違えたのだ。
第3者からみて、適法・違法の判断が難しいことが、今回の削除ミスで明らかになった。
※太字は引用者

で盛り上がっていただけに、えらいタイムリーだと。

いやー一ヶ月前のこれを思いだしたよ

あとはニコ厨が勝手にやることを黙認するという「本音ベース」から、ニコニコ動画YouTubeといった「勝手動画サイト」を公式チャンネルとして認めるという「建前ベース」に移すだけでいい。

なんつーか段々と細かなルールができてきそうだよね。宣伝になるのか、マイナスになるのか、総合判断した結果、各会社ごとに対応わかれていくことを期待。このへん権利者側には、辺に足並み揃えてほしくないなー(笑) 

 あとはやっぱ、winnyとかの取り締まりを語るときに「(取り締まる側の)君はまったくやってないの?」というツッコミが現実問題としてクリティカルに機能している面を考えるとねー。世の中金持ちばかりじゃないし、まぁ創価学会で話題になった石井一は後日談で

ニコニコ動画をニコニコ画像と言い間違えていて
ああ、やっぱそんなもんか と思ったりしたけど(上記の批判が全く効かない人達もかなりいる) さっきのようなアニメ関係者だったりすると、あなた達もそのニコニコの恩恵を賜っている(文化の下地をつくっているなど−−広い意味で考えた場合ほぼ確実に)のではなくて と思ってしまう。いや、お怒りはごもっともなんですけど。地上波に流れたのは仕方ないと言ってたりしますし。。

 さて、話題を変えてもう一つニコニコネタをだすと、ちょうど一週間くらい前に、ポアンカレ予想についてNHKがハイビジョンでとりあげていて、これが非常に良かったです。初見はニコニコ。そのあとNスペのを二回みて、やっぱこっちの短縮版の方がテンポいいなーと思ったりしました。いやー あんだけ一つの問題を、様々な角度や、より高次元からのアプローチ(それも全て蓄積があってこそ)によって解決するという光景には心底感動しましたよ。これこそ、知的な人類の活動というものでしょう。

 NHKハイビジョンは最近ファーブル昆虫記をやっていて、虫のアップがとてもぐろいんだけど、なぜか見てしまう。不思議。これぞNHKクオリティ。


 ついでに 僕がいつからニコニコを見ていたかということを、おまけに話すと、正直、かなり初期からだった気がする(自慢になる日がくると良いなぁ) 詳しくは覚えてないけど、huさんとほぼ同時期だったような。。あれっていつでしたっけ?まーまだ(仮)の時代で、RPGのプレイ画面をコメントでもってエロくするというのが流行ってたりしました。あれのタイトル忘れたので、覚えている人は教えてくださいー。