冨樫とエミネムを応援する日記

ほぼHUNTERXHUNTERの感想

 クローズZERO  三池崇史 2007 60点

毎月一日は映画サービスデー

ということで

個人的にとても期待していたクローズZEROを観てきました。あ、期待といってもキャストね。基本的に漫画原作で面白くなる実写というのは、のだめとか金太郎みたいに、現実に近いものじゃないと無理だから、クローズはぎりぎりアウトだろうなぁと。

んでまぁ見終わった時の感想




  「1000円で良かった。」




 うん。。キャストはトテモ良かったんだけどね。いや、全体の映像もかなり良かったと思う。自慢の喧嘩シーンもなかなか。音楽もそれなり(喧嘩シーンの黒木メイサ除く)。 ということは… そう。 シナリオです。ひどかったですねー。惜しいっちゃ惜しいんだけど、テンポもいま三つ。まぁ邦画はこんなもんなのかなぁー。残念。

入学式の時点では「これは帰ったら褒めよう」「誰がなんと言おうと褒めよう」と思っていたんですけど…

一時間後は寝てた。


文句いっても哀しくなるので、キャストについて語ろう。

山田孝之 

高岡蒼甫,桐谷健太

小栗旬,渡辺大

の順で格好良かった。

特に山田孝之のかっこよさは異常。

これからは山田孝之教に入ります。と思えるくらい。


彼ら含めて、ほとんどが20才オーバーというか25才くらいで、普通に考えたらとても高校生じゃないんだけど、高橋ヒロシ世界は皆老けてるので丁度良い具合だった。(小柳友老けてたなーw)ホントにキャストだけなら90点。(ガタイ考慮にいれて−10点) 伊崎兄弟とベテラン勢は短い時間ながら、オーラを発揮してくれた。

 ただ、時間的に無理だったってこともあるけど、大東俊介波岡一喜は不憫だったなぁ。


クローズZEROの公式ブログを見た。舞台挨拶の高岡先生、気合い入りすぎwwまぁ普通にかっこいいからなぁ。やべきょうすけの映画感想は。。