冨樫とエミネムを応援する日記

ほぼHUNTERXHUNTERの感想

 一、二審の無期懲役の判決を最高裁で破棄され、高裁に差し戻された光市母子殺人事件。弁護団の所業については腹立たしいことが多いが、これはひど過ぎる。


この花田サンと週刊新潮編集部、地割れに飲み込まれるか、隕石にあたるかしねーかなー


ひどすぎる。久々にイライラしたぜ。理由は朝までに書く。

mixiニュースでこれに対する反応を見たけど 

おわってるな。

糾弾していた人達のどれくらいが、弁護人の主張内容を知っているのだろう。リアルに5人くらいなんじゃないか。

外山恒一先生を見習ってください。

「裁判」が時には適当になるということを、知っておかなければならない。