冨樫とエミネムを応援する日記

ほぼHUNTERXHUNTERの感想

別に何人でもいいけどさぁ。

 あまり思い入れのない駄文。でも長くなりそう。ってことで以下↓

「どこまで日本人と表記するかは新聞社の判断」
朝日新聞に対し、なぜ海外の報道と日本の報道にズレがあるのか聞いてみたところ、同社広報部は、
南部陽一郎氏についてノーベル賞委員会がアメリカ人と発表していることは承知しています。
南部氏は小、中、高、大学と日本で教育を受け、湯川秀樹氏の薫陶を受けて理論物理学者の道に進み、大阪市立大教授になったあと、朝永振一郎氏の推薦で渡米しそのまま米国に研究の場を構えました。
ただ、現在も大阪市立大名誉教授であり、大阪大学に特別研究室をもち、大阪府には自宅があります。そうした実情を総合的に考え、見出しや前文などでは、小林、益川両氏を含め、日本人3人に物理学賞授賞と表記する一方で、略歴などでは南部氏について『米国籍』と明記しています
と回答した。
別の大手新聞社は、アカデミー側が「受賞したのは日本人2人、アメリカ人1人」と発表したのは知っているが、
 「どこまで日本人と表記するかは新聞社の判断で、今回の場合、3人としたほうが紙面的にもインパクトがあり、特に間違っている表現ではないと考えている」
ということだった。 
確かに、日本人という定義はあいまいだ。 日本の国籍ありなしは関係ないというのが日本の新聞社の考え。外国に帰化しても日本人。つまり「民族」に重きを置いているのだろう。ただ、国際社会では国籍で判断するようだ。帰化した時点で、南部氏も日系の米国人と呼ぶのが正しいことになる。

ワロタwww といよりびっくりした。

「日本人とは日本国籍取得者の意味です。それ以外の定義を考え出すとグダります。」

てのは一般常識だと思っていたのに。そうじゃなかったのかー。ちょっとした衝撃だぜ。。。
(いやまぁそれ以外の意味で使ってもいいけど、その場合他人に文脈を説明する必要がでてくるよ)

 この辺の記事のどこを読んでも、南部先生=米国人てことが読みとれないんだけど、これって単純にまずくない?いま「先日ノーベル物理学賞をとった南部陽一郎さんの国籍はどこか?」みたいな世論調査したら、半分は日本人ですって答えそうだぜ。下手したら、マスコミのやってることっって風説の流布になったりするんじゃないの(笑)日本人三人受賞→日本キタコレ→どっかの株価上昇 みたいな(笑)

American, 2 Japanese Researched Broken Symmetry of Particles

asahi.com(朝日新聞社):Japanese physicists share Nobel - English

Two Japanese physicists and a Japanese-born American scientist won the 2008 Nobel Prize in Physics on Tuesday for their theoretical research on elementary particles.

でいいじゃないですか。何だっていつもは国籍で判断してるのに、今回はそうしないかねぇ。
こないだの外国人→スペイン語→イギリス人の流れはウケた。↓
痛いニュース(ノ∀`):全裸の外国人が皇居のお堀に飛び込み遊泳&警官相手に大暴れ
全裸のスペイン語男、皇居のお堀を遊泳 (1/2ページ) - MSN産経ニュース
asahi.com(朝日新聞社):皇居お濠で遊泳騒ぎ 興奮?全裸の英国人 - 社会

男は自称40歳でスペイン在住の英国人。

 6月くらいにやってた未婚の日本人の父&フィリピン人の母の子供に日本国籍を与えるかどうか問題では「最高裁」までいってやっと結果がでたというのに、何か落差がでるよなー。↓

同じ国籍問題を抱える子どもについて正確な統計はないが、国内だけで数万人という推計があり、海外にも相当数いるとみられる。

日本生まれ日本育ち なのに日本国籍なし!という子が数万orz

はてなブックマーク - 「日本人3人がノーベル賞受賞」という言説 - Danas je lep dan.
 こことかみてるとニヤニヤしちゃいますよ。カカがイタリア籍、ロナウジーニョがスペイン籍もってても、あそうですか、くらいにか思わないけどな。文化・生活習慣!という魔法の言葉を使うと、結局ダメになっちゃうのはよくあること。彼らが「ブラジル人」らしい生活してるってどうやったら分かるんだろ。「留保なくAmericanと書ける点はやはり移民の国と思う」も吹いたw 普通の事な気がするが。それより留保なく日本人って書ける方がすごい。

 さてさて、ここまで書いたところで二重国籍はめずらしくない。 - でんか通信略してでんつー・はてな支局を見た。

帰化が1970年ならば国籍法は、改正前で二重国籍が、認められていました。

法律には不遡及性の原則がありますのでまだ、二重国籍の日本人はたくさんいると思われます。

 あーこれはどうなんだろうw フジモリ大統領は高度な政治判断によるものだったからおいといて、南部さんに関しては、そりゃ遡って罰することはできないにしても、国籍残ってんのかなー・・・14条をみてみるに、85年の法改正後二年以内に米国籍を選びます!とわざわざ言っていたらアウトで、何もしてなかったらそのまま保有(二重国籍へ)となりそうだけど、ワカラーン。報道を待つ。

やっぱりきたー。でも書いてねー。

江崎玲於奈さんは「今の日本は、当時より飛躍的に研究基盤が発達している割に、外国人研究者が根付いていない。二重国籍を許すなど差別のない住みやすい日本を作るため、国内のみんながしっかり取り組まなくてはだめだ」と話した。

れおなが普通の事を言っている…

南部さんは注釈付きで日本の受賞者にする方向だが、関係者からは「そもそも国別に数える意味があるのか」という声も聞かれる。「外国人が日本の研究拠点での業績でノーベル賞を受けたら、日本の受賞にカウントするのだろうか」ともらす関係者もいる。

ワロタ。どうすれば一番発展するかを考えて欲しいです。一番やってはいけないこと→○○人にこだわってイミフな争いをする。

・参考

普通の意見だけに貴重。

そこで、日本人の意識が次の段階に進むステップとしての目標を想定しておきたい。それは、日本の大学や研究機関でノーベル賞に繋がる業績の主な部分を築いた“外国人”の受賞を国を挙げて喜ぶということである。

はじめの一歩。

 最後に、繰り返しになりますが、受賞者の方々の国籍うんぬんよりも、もっと建設的な話題を書けば良かったと思いました。(id:Mukkeの締め方が面白かったので)