冨樫とエミネムを応援する日記

ほぼHUNTERXHUNTERの感想

 そろそろ(ネットでの)犯行予告についてマジメに語っとくか。

  • はじめに

 今から書くことはただの当たり前の話であり、新たな視点といったものは何もありません。期待しないで下さい。又、この文章を書いている人間は「明日地球が爆発する」「一ヶ月後隕石と衝突することになった」と言われても、むしろwktkしてしまうような失うモノがあまりない20代前半の若輩者であることにご注意下さい。

(自然災害はおkでも、戦争、ベルセルクやミストのような次元の向こう側から化け物が来る等は超嫌です。とくに戦争ダメぜったい。)

  • 本編

小学生はガンガン犯行予告とかすればいいと思うよ - 白痴日記
 さて、はてなでは↑とかをはじめ、既に議論しつくされた感のある犯行予告なんですが、いっこうに「やる奴がアホ。ガンガン逮捕すればおk」といった、生きにくい(笑)気配が止みそうにないので、また書いておきます。

「本当に逮捕されるか実験です」――2chでまた「小女子焼き殺す」予告 - ITmedia News

はい、やってきました、このニュース。もうね、アホかと。馬鹿かと。
こんなの記事にすんなよ!もっと知らせる価値があるものはないのかよ!というのが真っ当な反応かと思われます。けれども、ここには「実は読者が望んでいる問題」が潜んでいる気がするので、そのことについては後で述べます。

記事内容に関して、前回の小女子同様、元スレ=【le】原町小学校で小女子を焼き殺しますを見ると、実際に犯行が行われる可能性はほぼゼロに近いと言っていいでしょう。ネタ、釣りであることは明白です。

                             |
                             |
      ∩___∩             |
      | ノ  _,  ,_ ヽ        ((  | プラプラ
     /  ●   ● |         (=)
     |    ( _●_)  ミ _ (⌒)   J  ))
    彡、   |∪|  ノ
⊂⌒ヽ /    ヽノ  ヽ /⌒つ
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ

警察に通報されたみたいですが、職員がちらっとスレを覗けば「イタズラ、はい終了」の30秒で終わるお仕事です。にも関わらず、先程の記事のブコメを見ると

id:stella_nf 2ch 名指しされた小学校に通わせている児童の親がきましたよ。学校行事が中止・延期され、集団下校になって大迷惑中

        ∩___∩
. \     | ノ      ヽ
   \  /  ●   ● |
     \|    ( _●_)  ミ
      彡、   |∪| ,/..
       ヽ   ヽ丿/  /⌒|
       / \__ノ゙_/  /  =====
      〈          _ノ  ====
       \ \_    \
        \___)     \   ======   (´⌒
           \   ___ \__  (´⌒;;(´⌒;;
             \___)___)(´;;⌒  (´⌒;;  ズザザザ

見事に釣られてしまったようです。
曰く「万が一に備えた」「可能性はゼロではない」というのが学校側の言い分かと思われますが、この元スレを見てそのように思うのは、スルー力が足りない!喝ッ!でおしまいです。そして、ここでの最大のポイントは(事が起こった後ならまだしも、起こる前からの)「苦情」を恐れていることです。めんどくさいので省きますが「苦情」を言うのはこれを読んでいる「あなた」です。(当然全ての人じゃないよ。)
id:stella_nfさん…本当にお疲れ様でした。行事を中止・延期にされた事に関しては学校に苦情をいれてもいいと思います。

「予告が実際に起こる可能性は千分の一か一万分の一。言うことと実行することは違うと思うんです。ただネットだと言葉と違って残るから、それが気になる人がいるってだけ」

こちらで、ひろゆきが普通のことを言っています。「昔からあったことがネットによって見えるようになった問題」は言及してもあまり面白くないので、ここらで犯行予告そのものについて、少し考えてみます。

 「ネットでカキコするのと行動に起こすことは天と地ほど違う」もまぁいいとして「本当にやるやつはやる」ということを、もっと基本的な「前提」としてしっかり認知しておく必要があると思われます。

森達也のAにて「上祐でてこいー!!!」と拡声器で張り切る似非右翼共を尻目に、維新協の幹部は語っていました。「今回街宣車でてきてワーワー言って、おらー上ゆうでこい殺したるわー。」「…ってなーにいってんの。そんなこと言ったってでてこないんだから。笑」「ホントに殺したいなら黙ってろ。いつか殺すチャンスあるから。」(横浜市黄金町編)

そうなんです。マジで殺る気なら、後ろから刺せば良いのです。その方が確実です。秋葉原事件はそうでした。しかし、それもまだヌルい。

-asahi.com(朝日新聞社):ビデオ店放火、小川容疑者起訴 大阪地検「殺意明らか」 - 社会

16人という秋葉原を上回る死傷者をだしたこの件は「放火」でした。ダガーナイフもトラックもいらない。ティッシュとライターのみ。それで人は死んでしまいます。さらに「社会を混乱させよう」という悪意を本気で持っているならば、インフラを狙うのが効果的でしょう。それは秋葉事件に関してに書いたので、興味が有る方はどうぞ。

 ちなみにクーリエジャポン9月号の石油特集においてロバート・ゲーツやオランダシェル石油の幹部、テロ対策担当米大統領元顧問、元CIA長官らによる「悪魔のシナリオ」を読むことができます。(元は英ニューサイエンティスト)シミュレートでは「天然ガス処理プラントが襲撃され、スーパータンカーがハイジャック」といったようにインフラが狙われた結果、世界がエラいことになる様子が描かれています。

 悪意をもっている人に本当にやられて困ることは何か?をマジメに考えると、社会が想像以上に「信頼」で成り立っていることが分かります。犯行予告程度で迷惑と言っている人は、その「信頼」をあまりに無条件に受け入れている気がしてなりません。。

 言ってしまえば「犯行予告を放置してたら、本当にやられました。どうしてくれるんですか?」という質問自体、ズレています。もう一度言うように「やるやつはやる」のです。それも突然に。事件がいつ起こるか?ということは、本来予測不可能なことです。わざわざ予告をしてくれるなんて「教えてくれてありがとう」と感謝しなければいけません(笑) 仮に放置してくらったとしても、それは予告ジャンケンに負けたようなものです。どのみち負けたんだ と捉える方が疲れないで済みます。

 キミね、世の中には脅迫罪というものがあってだね…と語りかけてくれる人の気持ちはわかります。しかし、ここで話しているのは「ネットの」犯行予告です。IPアドレスをさらして行う行為のことです。勿論ネットで行われるものが、全てスルーに値するとはいいません。バランスがもっとも重要なのは、何事においても同じです。ガチの、取り締まるに値する犯行予告といったものはあるでしょう。予防こそ最強!といった考えも理解しているつもりです。

 しかし、昨今紙面を賑わせているのは、取るに足らない小女子のような事件です。本来スルーされるべきものが取り立たされているから異議を唱えているのです。ネット初期における、文字でしかやりとりできない縛りから生まれた「釣り文化」みたいなものの中でも「あからさま」なモノがマジに受け取られていると、違和感を覚えます。

1「世間様に喧嘩売ってる奴うざい!不快!」
2「馬鹿きた m9(^Д^)プギャー」 
 

 その背景には、この二通りの考え方があると僕は考えています。それに対して、こんな事で盛り上がれて「平和ですね」に加え、前者には「寛容になろうよ。」「線路に置き石されないだけいいじゃないですか。」 後者には「悪趣味ですね。」と伝えたい。

 それでも不快不快言う人にはmine-oくんのポストを貼っておきますね。有村さんの米もついでに。

@klov よく害虫駆除会社は害虫がいないとこまるっていうけど、予告inは害虫を増やしながら駆除するシステムだよね。だから一種の好循環になっててなんというかよくできている。この好循環のサイクルが限界まで来た時すごい悲劇が起きそうで僕はとても怖い

これだけ些細なことで逮捕しまくって検挙率を上げていると、逆説的に治安の非常に悪い社会だという認識が広がってしまうと思うのですね。アウトになる領域を拡大していけば、そりゃあ誰もが検挙される可能性が増していくわけで。マッチポンプかよ。

日本の人はどうも「お上」を信頼しまくってる感があります。でも、当然の如く彼らも人間(僕らの友達)です(笑)人間だからこそ、権力をもってしまったら「雑魚は言うことをきけ」な感じで大衆をコントロールしたくなります。これは仕方のないことです。なので、胡散臭く思っているのが丁度よい感じかと。

 さてさて、2のプギャーな人こそが「実は読者が望んでいる問題」につながってきます。このエントリでけっこう言いたかったことでもあります。(だったら後ろにもってくんなよw) 僕ははげのおっさん問題が流行っていた頃に、小女子の件こそ、いじめじゃないの?と書いて見事にスルーされました(笑)※id:y_arim先生は反応してくれました。(それにしても、なぜ、おっさん問題であそこまで盛り上がって、小女子で立ち上がる人が皆無だったのかは未だにはてな七不思議の一つです。)

こんな予告で逮捕・実名晒しをくらい、みせしめとして消費されてることこそ、警察マスコミ大衆による「いじめ」に他ならない

この想いは今も変わっていません。最近の犯行予告関連のニュースには、やった人に「社会を敵にしたアホな奴」というレッテルを貼って、誰もが安心してプギャーすることができる、単なるショーになっている部分が多々あります。

 ぶっちゃけ、本気で実行するとは、ほとんどの人が思っていないでしょう。本当の社会の敵とは思っていなく、ただ安全圏から叩きやすい、手頃なネタ、といった感じです。あのような記事を実は人々は望んでいるのではないでしょうか。退屈な日常に、ドン引きしない程度のアクシデントが起こるのを待っている。スカイ・クロラにおける「ショーとしての戦争」のようなもんですね。馬鹿らしい。

 本気で釣られているわけないのです。もしそれほど事態がひどいのなら、戦争になったら確実に負けるでしょうね(笑)みんな陽動作戦にひっかかって終了(笑)あの記事をブクマした皆さんには、是非自分の胸に問うてみてください。これって消費してるだけちゃうん?と。図らずもその姿勢が、権力に都合良く働き、冗談の通じない世界を率先して創ろうとしているのではないかと。

 よろしくおねがいします。

  • 結論

・犯行予告は大体スルーしよう。
・マジモンだったら警察が動くよ。(それでも止められないかもしんない)
・社会の基礎的な部分は、アホみたいな信頼で成り立っている。
・それが侵されることこそ、真に心配するべき。

…なれないですます調…むだに長くなってしまって疲れた。あー、もうちょっと面白く書けた気がするのになぁ。