冨樫とエミネムを応援する日記

ほぼHUNTERXHUNTERの感想

HISのセール安すぎ。一人一万ってなんだw


近所のランニングコースにある。いつみても面白い。

 suicaをペンギン付きに変えた。バスで使えないなーと思ってたらバージョンが古かったとか。ひどい情弱。そして今ヤフオク見たら旧型は1980円の入札がはいってる。しまった。

 ヱヴァンゲリオン破を見た。大変面白かった。エヴァは語りたい人が多いアニメNo.1なので、各種wikiが非常に充実している。この二万人のニート達の結晶からジュイスのように必要な部分を抽出すれば大体把握できる気がする(同時に東のエデンではそのジュイスの秘密が全然明らかにならなかったので、テレビ版では若干拍子抜けした)。エヴァの漫画版展開も話題になっていたようだけど、妥当な展開だと思った。この解説を(既出ぽいですが)パンダさんにおすすめ。RE-TAKE 全6巻をちゃんと読んだら傑作すぎて恐れ入った。

 エンドレスエイトを見た。3回目でひどく感心して4回目はワロタ。5回目に少し飽きてたのは内緒。こうやって歴史はつくりだされていく。評価するしかない。今は8回を覚悟しているものの、ここまできたらもっと改変して一気に消失突入とかしてもらいたい。主題歌も茅原さんに。

 仮面ライダーディケイドを見た。いつのまにか「チェックしてないとヤバイ」みたいな事になっていたので今朝もちゃんと起きて25話まで。「えーマジ特撮!? 特撮が許されるのは小学生までだよね!」という想いが今もないといったら嘘になるけど、とりあえず確実に面白かった。ちなみに一番最初にディケイドに触れたのはこれ↓(笑)

感想は「なんだこれ …最近のライダーはいっぱいるんだなぁ。主人公(?)チートw」 しかし初見がこのシーンとは剛運というか何というか。。ヱヴァ、ひぐらしハルヒ、ツバサ、と並行世界・ループ系にマジ勢いあるなー、データベース消費(カード)もここまできたかーとか頭使う方面でも色々考えられそうだけど、それ以前に主人公:門矢士の最強厨な設定に目がいく。超強い、何でもできる天才、偽悪的で本当は優しい、仕草が一々芝居がかっててカッコイイ諸々、007の快楽に近い。そして演じてる井上正大も小栗旬に似た眼力と普通にみたら下手な演技がメインターゲットは子供という特撮設定(コミカルでわざとらしい演技でおk)と見事に融合ということでほぼ完璧。
 ただ、アクションシーンになると「もう全部クロックアップで片づけてくれよ」と思ってしまったり何だかんだでパターンは決まってるので実際テンション上げて見ないと厳しい。以前のシリーズを知ってる方が三倍楽しめそう。(電王は良かった)劇場版は飲んでから突撃しようかな。ディエンドのかっこ悪さはガチ。



…長かった ゲジマユが終わったことが信じられない。