冨樫とエミネムを応援する日記

ほぼHUNTERXHUNTERの感想

 ジャンプ感想 36・37号

  • ワンピース

 こんなに魅力的な漫画になっちゃってどうしたらいいの?くらいしか言えん。あとボニーのフトモモが良かったとか。この子は政府から逃げ出してたんだってね。なんの秘密かかえてたんだろ。あと赤犬が来て逃げ出した黒ひげ一味。「そういうのはまだのぞんじゃいねーんだよ」が強調されてるのは何かの伏線?
 つか、ボニーが言ってるお前達の達が画面に写っていない曲者を指している可能性を5%以下とすると、来ているのは雑魚海兵と大将単体。これならパワーアップした黒ひげ一味全員で挑めば勝てると思うんだが、前回の五老星の発言といい、まだ尾田先生は黒ひげを最強層(四皇、大将以上)に置く気がないぽいな。ヤミヤミとグラグラあるんなら一気にラスボスじゃね?という認識は改めよう。この辺、編集の手入れがあったのかもしれない。。と考えられるくらいには大人になってしまた。ドラゴンボールの頃は作品は空から降ってくるものに等しく、天上人(作者)に介入するという概念がなく、初めて↓読んだときとかマジでびびった。
 最近改で可愛い18号のウィキペディアにあるやつ↓(元ネタはドラゴンボール大全集付録の神龍通信)

設定の経緯
鳥山は元々人造人間編で登場する人造人間を、19号と20号の2体のみにする予定であった。しかし編集部より、「敵がデブと老人のみ」という状況にクレームが付いたため、急遽新たに17号・18号として、美形の男女の容姿をした人造人間を登場させることになったという(ただし、相手が子供と女性ということでまたクレームが付けられ、その後16号が登場。更なるクレームによりセルが登場した)。

今はナルトやトリコまでの作品ならいくらでも周りの助言とかも想像することができる。ワンピースやハンターだとかなり難しくなるので、それだけ期待度もでかい。

  • めだか

↑の介入がめちゃくちゃ見える気がする作品がこれ。何か球磨川がでてきてからどうも世間での評判が高いらしい。掲載順が上向いてることやドベ5を脱出しているとの報告からもそれが伺える。ボクは壁を超えれば化ける気がするとずっと思っていたけど、王土が小物に成り下がって時点で激しく読む気をなくし、以後斜め読みなので、まともに評価できない。前会長とかも悪くないんだけど、wktk感は皆無。河下水希作画にならんかな。

  • ナルト

 先週のセリフは良かった。今週はまぁ普通のナルト。ガイ、がんばってくれw

  • ブリーチ

 ずっと前にもう感想書かないと言ったけど、今回だけは勘弁してください(笑)
えー先週はさすがのボクも驚きました。そして100%自信を持って予想した「やっぱり死んでなかった展開」が今週見事にきたので、まぁなんというか。美しいブリーチテンプレでも貼っておきたいと思います。ところで、藍染が不意打ちキレイにくらってノーダメだったのってこれ何回目?主人公に喜助にギン、最低三回は「意識の外からの攻撃」をまともにくらってるんですよね?

戦闘の流れ ブリーチの場合
A「これが私の本気です」
B「私はその倍強いです」
A「実は実力を隠してました」
B「私もまだ本気ではありません」
A「体に反動が来ますが飛躍的にパワーアップする術を使わせていただきます」
B「ならば私も拘束具を外します」
A「秘められた力が覚醒しました」
B「私は特殊な種族の血を引いており、ピンチになるとその血が力をもたらします」
A「覚悟によって過去を断ち切ることで無意識に押さえ込んでいた力が解放されます」
B「愛する人の想いが私を立ち上がらせます」

ギン「アレ嘘やねん」←new
藍「でっていうwww」←new

師匠「ノイトラの鋼皮は歴代最硬で死神の刀じゃ傷一つ付けられないんだ」
編集「それは強敵ですね。何か特殊能力でも使わないと苦戦しそうです」
師匠「でも剣八なら斬る事が出来るんだ」
編集「流石隊長ですね。でもどうしてです?」
師匠「途中で硬さに慣れるからだよ」
編集「なん・・・だと・・・?


師匠「けどそんな剣八をも圧倒出来る能力をノイトラは秘めてるんだよ」
編集「流石十刃ですね。どんな凄い能力なんですか?」
師匠「腕が4本になるんだ」
編集「なん・・・だと・・・?


師匠「そんなノイトラが更なる新能力を発揮して読者を絶望の淵に叩き落とすんだ」
編集「4本腕に斬られて終わりじゃ寂しいですもんね。どんな新能力です?」
師匠「腕が6本になるんだ」
編集「なん・・・だと・・・?


師匠「その絶望的状況を覆すべく剣八が一世一代の奇策を繰り出すんだ」
編集「剣八が策を!これは意外な展開ですね。どんな策を?」
師匠「剣を両手で振るんだよ」
編集「なん・・・だと・・・?

後出し後出し後出しと続くと、緊張感がなくなって、この後どうなるんだろう?と想像することなく、ただ与えられた描写を確認するだけの退屈な作業になってしまう。まぁ、霊王(ラスボス)が何本目に死ぬかは今から楽しみです(棒 十刃の一番の人はその点不甲斐なかったからつまらんかった(棒 そういや復活した藍染って武装錬金の蝶野に影響うけてるよね。

 うん、最近普通につまらん。というのも、サイコーたちが目標としてるジャンプのアンケートシステムそのものに対して疑問を抱いてしまうから。このシステムがあるからこそ、今まで偉大な作品を生み出せたのかもしれないけど、やっぱりネットができて、様々なタイプの情報収集が可能になった現状で、重要度が微塵も変わってないのだとしたらそりゃ端的に間違ってるでしょ。本チャンだ3位だ4位だどうだこーだ まじ どうでもいいっすから。少し前にあった北斗の拳は○百票も集めてたからまだまだだ的な発言は、あれギャグですよね?どこからつっこんでいいのかわからん。

 最近ブックレンタルで最新刊まで読んだのでようやく本誌も追えるようになった。で、全体に目通して思ったのは「ジャンプ急ぎすぎ!!」。5巻の時点でインターハイ強豪校倒すとかテンポおかしすぎ。スラムダンクだったらようやく練習試合を1つやってる頃なのに。。 最初から飛ばしていかなきゃってことでキャラを掘り下げられないから育たない。悪循環だと思うんだよな。一昔に比べて漫画の数が飛躍的に増え、読者の目が肥えてしまった。そんなご時世にも関わらず10週で人気でなけりゃ即打ち切りってのはね、、スロースターター全滅じゃないですか。それに休めないから途中で力尽きて崩れていく。サイレンと黒子にはもう少し続いてほしい。