冨樫とエミネムを応援する日記

ほぼHUNTERXHUNTERの感想

さすがにコレはひくわ(原発)

痛いニュース(ノ∀`) : 「チェルノブイリ周辺の被曝住民、健康に影響なし」「福島はもっと低いので放射線の影響なし」…首相官邸が発表
●第三回 「チェルノブイリ事故との比較」 (平成23年4月15日)

チェルノブイリ事故との比較

平成23年4月15日

チェルノブイリ事故の健康に対する影響は、20年目にWHO, IAEAなど8つの国際機関と被害を受けた3共和国が合同で発表し、25年目の今年は国連科学委員会がまとめを発表した。これらの国際機関の発表と福島原発事故を比較する。

原発内で被ばくした方

チェルノブイリでは、134名の急性放射線傷害が確認され、3週間以内に28名が亡くなっている。その後現在までに19名が亡くなっているが、放射線被ばくとの関係は認められない。
*福島では、原発作業者に急性放射線傷害はゼロ、あるいは、足の皮膚障害が1名。

事故後、清掃作業に従事した方

チェルノブイリでは、24万人の被ばく線量は平均100ミリシーベルトで、健康に影響はなかった。
*福島では、この部分はまだ該当者なし。

周辺住民

チェルノブイリでは、高線量汚染地の27万人は50ミリシーベルト以上、低線量汚染地の500万人は10〜20ミリシーベルトの被ばく線量と計算されているが、健康には影響は認められない。例外は小児の甲状腺がんで、汚染された牛乳を無制限に飲用した子供の中で6000人が手術を受け、現在までに15名が亡くなっている。福島の牛乳に関しては、暫定基準300(乳児は100)ベクレル/キログラムを守って、100ベクレル/キログラムを超える牛乳は流通していないので、問題ない。

*福島の周辺住民の現在の被ばく線量は、20ミリシーベルト以下になっているので、放射線の影響は起こらない。

一般論としてIAEAは、「レベル7の放射能漏出があると、広範囲で確率的影響(発がん)のリスクが高まり、確定的影響(身体的障害)も起こり得る」としているが、各論を具体的に検証してみると、上記の通りで福島とチェルノブイリの差異は明らかである。

長瀧重信 長崎大学名誉教授
    (元(財)放射線影響研究所理事長、国際被ばく医療協会名誉会長)
佐々木康人(社)日本アイソトープ協会 常務理事
     (前 放射線医学総合研究所 理事長)

これはやばい。相当にやばい。このような情報が首相官邸災害対策ページに載っていると政府への信頼がガタ落ちする。福島原発事故を「大したことありませんよ」と言いたいがためにチェルノブイリ事故の評価をも大幅に引き下げている。「公式発表」されたデータの「一部」を切り貼りしただけで「嘘」はついてない、と反論があるかもしれないが、チェルノブイリに関してはその「公式発表」自体にも激しく疑問符がついているわけで…

  • 死者数

チェルノブイリでは、134名の急性放射線傷害が確認され、3週間以内に28名が亡くなっている。その後現在までに19名が亡くなっているが、放射線被ばくとの関係は認められない

例外は小児の甲状腺がんで、汚染された牛乳を無制限に飲用した子供の中で6000人が手術を受け、現在までに15名が亡くなっている。

       / ̄ ̄ ̄\
     / ─    ─ \    28+(19)+15=62 !?
    /  <○>  <○>  \.
    |    (__人__)    |
    \    ` ⌒´    /
    /              \

・他団体の出している数字

IAEA→4千
WHO→最大9千
ソ連側の事故処理責任者(2年後に自殺)がIAEAに発表して蹴られたもの→4万
ECRR→最大数十万
ベラルーシのヤブロコフ博士ら→98万5千
ウクライナチェルノブイリ身体障害者同盟→150万以上

  • 事後処理に関わった人への影響

事故後、清掃作業に従事した方
チェルノブイリでは、24万人の被ばく線量は平均100ミリシーベルトで、健康に影響はなかった

先日話題になっていたネイチャーにも載っていたので公式発表(IAEA)の数字と思われる。
英語圏の総合科学誌「ネイチャー」の福島原発事故Q&Aの日本語訳(Part 4) | Starting Small

たとえば、チェルノブイリでの、事故後の、事後処理にあたった作業員は、平均して100mSvの放射線を浴びました。これは、だいたい、老後の発ガンの確率が、0.5から1%上昇するくらいに値します。これと比べて、タバコ吸うひとは、大体50%の確率でタバコに関連した病気で死にます。

・皆さんに見てもらいたい参考動画↓
チェルノブイリ 連鎖爆発阻止の闘い(1/7)

チェルノブイリ事故20周年を期にディスカバリーチャンネルで放送されたドキュメンタリーで、衝撃の映像と共に如何にして二次爆発の阻止と放射能の封じ込め作業が行われたのかが描かれている。ここに「バイオロボット」と呼ばれる予備兵が登場する。彼らは石棺建設の際、爆発した4号炉の破片を3号炉の屋上から除去する作業に従事し、7万ミリシーベルト/h、あるいは12万ミリシーベルト/hとも言われる環境で二週間作業(報酬は100ドル相当)を行い当然大量に被ばくした。事後処理にあたった50万人(避難民13万人も)に対する公式(IAEA等)の調査は行われておらず、軍による発表では50万人のうち2万人が現在までに死亡し、20万人に障害が残ったとされている。ちなみにウィキペディアにある情報↓(ソース不明)

2000年4月26日の14周年追悼式典での発表によると、ロシアの事故処理従事者86万人中、5万5千人が既に死亡した。ウクライナ国内(人口5千万人)の国内被曝者総数342.7万人の内、作業員は86.9%が病気に罹っている。

「平均して100mSV」の部分に数字のマジックがあることは明らかで、後日調査をしていないのに「健康に影響はなかった」と言い切れる大胆さはあっぱれ。

記事になる前にニュー速のスレでみていたけど、元が上杉隆宛のリプライだったから信用できるか躊躇した(笑) 番組を見ていた人曰く↓

細野総理補佐官、BS朝日に生出演。当初はもうドン底の状況まで行っていた。その後、何とか周囲の協力で、一歩一歩ここまで来た。水の問題と冷却が安定させるのが見えるまでもう一歩。原子力政策をどうするかはそれからだと思う。
http://twitter.com/Casey_Matsuoka/status/59073483581296640
細野総理補佐官、BS朝日に生出演。(まとめ)1政府は3月中は乏しい情報の中、不安を煽らないことに専念。2米軍支援拒否は政府首脳の判断。3高レベル排水を行う可能性あり。4排水の通告は現場レベルでは実施の認識だったがどこかで止まった。
http://twitter.com/Casey_Matsuoka/status/59075505500065792

実に興味深い発言がいくつも。そう「これないわー」て話に、汚染水の放出をアメリカには三日前に通告し許諾を得ていたのに対し、中韓ロ&国内には一切していなかったのも上げられる。
東京新聞:海へ放水 米、3日前に内諾
今回の長瀧重信サンとかの登用も「不安を煽らないことに専念」の一角なんだろうけど、どう考えても逆効果。端的に事実を矮小化している。きちんとした情報公開がされた時、そんなにパニックがおこるのだろうか?それより情報を制限することによって陥る疑心暗鬼のほうが有害だと思うのだけど。明らかに色々お粗末すぎる。

とりあえず、原発ライブカメラくらいは設置・公開してくれていいんじゃないの。えんえんと音声映像拾って映しているだけで、一定の(虚構の)安心感を与えられるはず。関係ないけど、最近デコラ・イーグル(3/18にマル激の裏番で1位だったことで知った)を見ることが多々あって、これは単に鷲の子育での様子が24時間中継されてるだけなのに不思議とつけてしまう。これが現在のUSTの常時1位、日本時間深夜には12万人以上の視聴者を抱えているのをみると、僕が動物園に提案したことは全くもって正しかったと思う(笑)上野動物園もさっさとデコラ・パンダを始めて日本に癒しをくれ!w

http://www.ustream.tv/decoraheagles

おまけ

3/16日に広瀬隆が発表した文は、いろいろなところで電波wと言われた。しかし、現実には圧力容器と格納容器が破損し、大量の放射能が漏れ出した。陰謀論乙と蔑まれたマグニチュード操作(確かにどうかと思った)も、後日、従来の気象庁マグニチュードではなくモーメントマグニチュードで計算した結果数字が変わったとの発表が気象庁からなされた。つまり、全体でみればあながち間違っていない。正直、僕は広瀬隆に怪しさを感じている部分がある。けれども(原発問題に関しては)世間一般の評価よりちゃんとしているとも思っている。