冨樫とエミネムを応援する日記

ほぼHUNTERXHUNTERの感想

 ジャンプ感想 27号

  • こがねいろ

オナマスの横田先生の漫画が載ってるとあっては感想を書かないわけにはいかない。で、なにこれ。フツーに面白い。すごい。たまたま氷菓の七話を見た後だったので高校生の男2女2の旅行とかいいなーと改めて思った。オナマスで青春のドロドロした部分ばっか抽出してたから、そこに特化してると思いきや反転してもイケるとは。そして、背景がこち亀か!と言いたくなるような細かさ。さすがに手書きしてない…よね。貼ってる…よね。

競技ダンスの時と同じく、丁寧に描きすぎ(詰め込みすぎ)て画面がやや狭く感じるのが弱点か。それも前回よりはかなり進化(緩和)して読みやすくなってるけど、もっといける気がする。ここはBLEACHを見習って適度に薄めた方が長持ちすると思う。ジャンプの新人は超密度でいかないと長期連載陣に太刀打ちできないってのはマジハードル高い。そりゃ燃え尽きちゃいますよ、と。上手いことこの辺のバランスを保って継続できる人が勝つんだろうなぁと思ってる。2話も超期待。

乳首券が発行されたときいて楽しみにしていたのに、一番見たかった箇所はコミックの方だった。くそ、買ってくるか…。パコさん辺りから完全に流していて、久々にちゃんと読んだらなるほど、河下水希枠として堂に入ってきたように思う。そういえば最近、濱田先生の前作がどがしかでん!であることを認識した(笑)そう考えると先輩やまくらは、皆川葉月を超えてないような気がする。どがしかでん!が冨樫家電などとネット民(ごく一部)におもちゃにされてた過去を覚えている人はどれだけいるのだろう。

(有)冨樫家電の連載当時『HUNTER×HUNTER』が休載中であったことから、冨樫が出ん→とがしがでん→冨樫家電とトガシの休載を皮肉ったタイトルとの噂が流れていた。それに加えて、(有)冨樫家電は『HUNTER×HUNTER』の代原連載との噂も流れていた。しかし、公式のタイトルの由来は、作者の出身地でもある福岡の方言「どがしこでん」と「家電業界しかない!」と言う意味で「しか」を取って作った「どがしかでん」に漢字を当てはめた造語だと発表されている。余談になるが、連載前には「十凌支店ズンドコ節!」と言うタイトル候補もあった[1]が、候補はどれも漫画の内容と余り関係ないばかりか、かなりのセンスの悪さにドン引きした編集が消去法で仕方なしに現在のタイトルを選んだとの噂がある。センスなさすぎだろ、作者・・・。

冨樫家電−アンサイクロペディア